英会話教室は実践不向きか?

英会話教室は子供だけではなく、学生から社会人まで広く人気があります。誰でも手軽に英会話を始めることができるのが人気の理由の一つです。英会話教室の通うことの利点として、より'少人数で英語を学習できることがあります。
学校の授業では一度に数十人の生徒を教えるためなかなか一人一人の生徒にきめ細かい英会話の指導をすることは困難ですが、英会話教室では多人数で教えるようなところでも10人以下の人数に限られているところも多いことから、よりきめの細かい指導をしてもらうことができます。

また英会話教室では英会話の教師と一対一で指導をしてもらえるところもあります。そうした場所では英会話の教師とより多くの英会話をする機会を得ることができます。英会話を話せるようになるには、英会話を話すことに慣れることが不可欠であることから英会話教室で英会話を学習することには相応の意義があります。

ですが実践的な練習ができるかというと必ずしもそうではない場合もあります。英会話の教師として雇われている人の中のは日本にやってきた英語を母国語としている外国人や、英語を母国語とはしていないものの英語が話せる外国人がいます。こうした外国人が講師であるということを売りにしている英会話教室も少なくないですが、これらの人間と話すことで実践的な練習ができるかというと必ずしもそうではない場合があります。

英語が母国語である講師の場合にはより正確な英語の発音などを、実際に耳で聞いて学習できるため一定の効果がありますが、英語の聞きとりやすさは話す人によっても大きく異なっています。英会話教室の講師の場合には講師としての指導を受けているために、相手によりわかりやすく英語を話してくれることも少なくありません。

明確にはきはきと言葉を発音してくれればそれだけ聞取りやすくなるのは日本語でも同じなのですが、そうした英語が必ずしも自然な英語とは限らない場合もあります。英語を話す人の中には発音やイントネーションが独特で、聞き取りにくいような人もいます。ですからあまりきれいな英語の発音ばかりになじんでいるとそうした英語になじめないこともあります。

そのために教育(英会話、留学)という方法があります。教育(英会話、留学)では現地で学ぶためにさまざまなタイプの人と英語で会話できます。これが教育(英会話、留学)の一番の利点です。教育(英会話、留学)で多くのタイプの英語に直にふれることにより、より実践的な練習を得る機会に恵まれます。それが英会話教室と教育(英会話、留学)との一番異なる部分です。